第8章 クラス会議(21)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラス会議 よくある質問

第8章 クラス会議(20)はこちら

Q:

もし決定した解決策が効果的でなかったら?

A:

その決定は、だれかがもう一度議題にあげるまでは、そのまま継続します。

あるクラスでは、椅子を後ろに傾けふらふらしている生徒が問題となりました。

そのクラスでは、椅子を傾けた生徒は、その椅子の後ろに立たなければならないという解決策を決めました。

これはうまくいきませんでした。

なぜなら、あまりにも多くの生徒がイスの後ろに立つことを楽しんでしまったからです。

そして、クラス会議もうまくいきませんでした。

先生はこの議題をもう一度上げました。

生徒は、今のやり方がうまくいかないということに合意し、もし椅子に傾けてしまったら、リマインダーとしてクラス会議を離れ、正しく座れる準備ができたら戻ってくるということにしました。

Q:

もしそのやり方がフェアではないと感じたら?

A:

これは、通常、解決策を彼あるいは彼女が助けになると感じて選んでいたら、問題になることはありません。

この問題は、責任(罰)を押し付ける(~ができなかったら・・・(罰)のような)代わりに、解決策に焦点をあてることで、避けることもできます。

 

ポジティブディシプリンジャパン HP

 

LINE@ 講座情報やイベント情報を配信しています!
フォローは↓をクリック!
友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA