第8章 クラス会議(22)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よくある質問

第8章 クラス会議(21)はこちら

Q:

もし生徒が解決策の代わりに、罰を提案した場合は?

A:

すべての提案を黒板に書きだします。

生徒たちが学び始めのころは、彼らに一通りブレインストーミングが終わった後に、もう一度ざっと目を通して、彼らが敬意を欠いており、手助けにならないようなものを除外するように尋ねることは、この問題を解決する手助けになります。

これは、生徒たちに、提案されたものがもたらす長期的結果について考えるための時間を与えることになります。

ほかの意見としては、罰を与えられる生徒のロールプレイをやってくれるボランティアを募ることです。

ロールプレイをやったあとに、その役をやった生徒に、何を感じ、何を考え、これからどうしていくと決めたのかを尋ねます。

これは罰の長期的な結果を教えるよい方法の一つでもあります。

 

 

ポジティブディシプリンジャパン HP

 

LINE@ 講座情報やイベント情報を配信しています!
フォローは↓をクリック!
友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA