第8章 クラス会議(20)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よくある質問

第8章 クラス会議(19)はこちら

 

北カリフォルニアでクラス会議のセミナーをしている間に、次の質問や答えが録音されて、記録されました。それらは多くの先生たちの関心事を代表するものでした。

Q:

子どもたちにとって、その問題に対してすぐに解決策が必要ということにならないのでしょうか。彼らは問題が議題に上がるまで3日も待てないと思います。

A:

同様に考える先生といっしょに取り組んだことがあります。

彼女は昼食中に起こった問題をすべて解決するために昼食のあと、すぐにクラス会議を開催していました。

私はその先生に、問題が議題にあがるまで待つように勇気づけました。

そして、それらの問題をクラス会議で解決するまで少なくとも1日待つようにいいました。

彼女は後日、彼らが問題を書いて議題に出すということだけでいかに満足するかということを驚いて報告してくれました。

それがまさに彼らの解決策だったのです。

議題を書くことによって、その問題が彼らから遠ざかっていき、安心したということを彼らのボディランゲージが示していました。

彼女はまた、1~3日後に問題について話し合った方が、落ち着いたため、理性的で手助けになる解決策を出せることも報告してくれました。

 

ポジティブディシプリンジャパン HP

 

LINE@ 講座情報やイベント情報を配信しています!
フォローは↓をクリック!
友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA