2016年04月 一覧

ぼくらが決めるdays

昨年の夏休み「ぼくらが決める6days」という宿泊イベントを行った。6日間、何のプログラムもない宿泊イベント。唯一決まっているのは、予算のみ...

記事を読む

「働く」と「教育」をリアルにつなげるキャリスポ!

塾にしても、学校にしても、ずっと大切にしたいと思っていることがある。それが「働く」ということ。どれだけ素晴らしい教育を受けたとしても、働いて...

記事を読む

学校つくって何がしたいんだ!!

自主学校瀬戸ツクルスクールをつくって2年と1か月。来年度は「立ち止まる学校」をつくろうと思っている。で、学校つくって何がしたいんだ!って改め...

記事を読む

「このようであったからこのようでなければならない」の思考

第二章 思考教育の方法論批判的思考の運動の始まり1980年ごろ、それまでのアメリカの教育にかなり批判が高まった。立場が高い人が、現場の教師を...

記事を読む

責任感を育むよりも点数を取ったり順位が上がったりするほうが大事だと思っている残念さ

親が子どものテスト勉強に口をだす場面がよくみられる。そもそも勉強は子どもの課題なのだから、特に、中学生にもなれば親が口をだすべきではない。親...

記事を読む

立ち止まるための学校

つい3日ほど前、ふと思った。日本にもデンマークの「エフタスコーレ」的な学校があってもいいよな、って。小学生、中学生、高校生、大学生と関わって...

記事を読む

対話の流れが思考の流れとなる

学校での標準的実践と批判的実践の対立1:実践は確信しながら方法論的に行うものであるが、実践についての徹底的な探求や反省は行われない。2:文脈...

記事を読む

教育実践の反省的様式

探求の共同体~考えるための教室Ⅰ 思考力のための教育第1章 教育実践の反省的様式1:社会にある3つの重要様式「家族、政府、学校」がいずれも次...

記事を読む

「洞察力」があらゆる問題を解決する

「洞察力」があらゆる問題を解決するチャプター18 「見えない問題を見抜く力」という魔法これまでのまとめ。以下の3つの独立したトリガーがある。...

記事を読む

洞察力は「決めつけないこと」「共感すること」で発揮できる!

「洞察力」があらゆる問題を解決するパート3チャプター17 見えない本質を見抜く人になるためのヒント自分がいかに「決めつけ」をしているか、とい...

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3