2015年02月 一覧

教師教育学 第7章

教師教育学 第7章教師の専門家としての学び:どのようになされているか。学びの3段階として、以下のモデルが書いてある。1・ゲシュタルト形成2・...

記事を読む

なんのために勉強するのか

私はまだ絵本の世界に足を踏み入れて日が浅いので、知りませんでしたが、知る人は知っている絵本だと思います。今回この絵本は、中学生向けの「なんの...

記事を読む

宝さがし

33歳のころのブログ一昨年は子供たちとキャンプにいき、夏の宝さがし(自分にとって大切なもの)をしました。自分にとっての宝物とはなんなのか。ぜ...

記事を読む

今日はママーズ(母親学習会)二期生の学習会何度も読んでいるけど、この本は本当に丁寧に書いてある。「クラス会議で子どもが変わる」コスモス・ライ...

記事を読む

多様性の重要性

まだ途中読みだけれど、非常に興味深く読ませてもらっている。なんのために裁判員制度があるのか。集合知が烏合の衆知にならないための必要条件。そん...

記事を読む

何度も読み返すと

メルヘンハウスにいって気になったんだけれど、表紙を見ただけだった絵本。でもやっぱり気になって買った。読み返すたびにいろんな感情が湧いてきた。...

記事を読む

教師教育学 第6章

第6章 実習生のグループ指導5つの手順1・事前構造化2・経験3・構造化4・焦点化5・小文字の理論 そして1に戻る個別指導のときも感じたけれど...

記事を読む

リフレーミング

リフレーミングについて様々な実例を交えて書いてある。ただの言い換えのような感じで紹介されることがあるけれど、そうではないことがよくわかる。円...

記事を読む

包み込む

すべての広がりをみせてくれつつ、包み込んでくれる感覚を持った。共同体感覚。その言葉が頭に浮かんだ。

記事を読む

初心

33歳のときのブログ本当の意味で初心に帰るというのはなかなか難しいと最近よく思います。初心に帰るとは、まさにいままでやってきたことを一度とな...

記事を読む

スポンサーリンク
1 2