嫌な思いをさせて、どうにかしようとする代わりに、勇気づけをしよう!

嫌な思いをさせて、どうにかしようとする代わりに、勇気づけをしよう!コニーは、彼の息子をサポートすることと、邪魔することの違いを学びました。彼...

記事を読む

講師ショッピング

講師ショッピング赤坂先生浮遊する人、そして、そこにある不安について。「浮遊する人」・・・有名人やビッグネーム、カリスマとつながることが目的と...

記事を読む

他の人がどう考えるかをやめて、子どもにとってベストなことをやろう。

他の人がどう考えるかをやめて、子どもにとってベストなことをやろう。コニーはブラッドの味方になると決めたので、決めたからには、他の人がどう考え...

記事を読む

世代論からのキラキラなんとかと表層的学び

表層的な学び堀裕嗣先生赤坂先生の「若手教師」という言葉の違和感に対し、「団塊の世代」という言葉との共通性を述べ、ある程度の世代論は無視できな...

記事を読む

聞くこと、好奇心を持つこと

聞くこと、好奇心を持つこと純粋な好奇心による問いや、注意深い傾聴はあなたが子どもサイドにいるということを子どもに伝えることになり、子どもにポ...

記事を読む

「経験=実力だと決めつけない」ということは、「大人だから子どもより知っている、分かっている」と決めつけないということ

大切なもの赤坂先生の第一信この本の前半は若手教師の学びについて。それに対してここでは2つ。「若手教師」という中に、年長者の傲りや上から目線を...

記事を読む

無自覚に自分の承認欲求を相手に押し付けてしまっているかも

赤坂真二×堀裕嗣 往復書簡 転換期を生きる教師の学びのカタチを読んで・・・論と人自分の言いたいこと、考えていること、伝えたいことを「論」自分...

記事を読む

純粋に問う

子どもの視点に立ち、共感するパート2コニーとブラッドのことを思い出してみましょう。コニーは、耳を傾ける前に説教してしまうという古い習慣につか...

記事を読む

子どもの視点に立ち、共感する

子どもの視点に立ち、共感する学校からの電話。子どもが授業を2時間サボり、その結果2日間の居残り。それを聞いたあなたは、頭に血がのぼっています...

記事を読む

Connecting before Correcting 直す前につながりを。そのための7つの大切なこと

古い習慣を変えるのは難しいパート1パート2これに対して、甘やかす親は、子どもに、責任以上の自由な振る舞いをゆるしてしまうでしょう。彼らは、子...

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3 4 58