2015年01月 一覧

格差は何もしなければ拡大する。

たまたま図書館で見つけた本。ピケティという名前も、21世紀の資本、という本も知らなかったが、本の薄さに魅かれて借りた。ピケティの主張は大まか...

記事を読む

強いけどすっと入ってきた本

賢者の書とともに読んだこの本。うなづきすぎて首が痛くなるくらい共感できるメッセージだらけ。当時の私に、ひとつひとつの言葉がすっと入ってくる感...

記事を読む

やりきれないこころ

この絵本との出会いは、明日の教室DVDでの石川晋先生の読み聞かせ。絵本の構成の話をされていた。絵本をそういう風に見るのか、と、絵本に対する見...

記事を読む

こんな風に伝えられるのか。

私は30才のときに初めて読んだ喜多川泰さんの本。著者の年齢をみたら、5歳しか違わない・・・もう一冊の「君とあえたから」と同じときに読んだ。当...

記事を読む

重い衝撃

多賀先生から絵本の魅力を教えていただいた最初のころに出会った本。こんなに胸に重い衝撃をぶつける絵本に出会うとは思わなかった。中学生に読み聞か...

記事を読む

アドラー心理学 入門編の次は

アドラー心理学の入門編はたくさん出版されている。どれを読んでも読み手次第で必ず学ぶところはある。ある程度の大まかな考え方が分かり、次のステッ...

記事を読む

「うそ」を考える

子どもは「うそ」をつく。大人も「うそ」をつく。子どもは知っている。大人が「うそ」をつくことを。大人も知っている。子どもが「うそ」をつくことを...

記事を読む

フロイトとアドラーの対比

アドラー心理学を学んでいて、だれかに説明するときに対比を用いて解説するとわかりやすいかな、と思い、参考にするために購入した本。アドラーと似た...

記事を読む

ばあちゃんは血圧がタカイの。ママは血圧ヤスイんだよ。

人がどのような流れで「ことば」を獲得していくかが、とても分かりやすく書かれた本。小さい子どもに対して、なぜ「め」ではなく。「おめめ」というこ...

記事を読む

ロックな絵本

熱い。いろんな意味で熱い。その熱さをぜひ読んで感じてみてほしい。子どもたちは大うけ。好きな人は好き。私は好き。

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3