思春期の子どもを親の思い通りにしようとすると、子どもに身につく5つの考え方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Positive Discipline for Teenagers, Revised 3rd Edition: Empowering Your Teens and Yourself Through Kind and Firm Parenting

こつこつ訳しています。今、第3章のあなたの子育てスタイルは?

全部で14章あります。

よくある思春期の子どもとの関わり方

最初の子育てスタイルは、“コントロール型”と呼ばれます。

レンガを考えてみてください。

それは、堅く、重く、スペースを仕切り、端は粗く、とがっていたりします。

 

レンガは、コントール型をよく表しています。

 

多くの親は、思春期の子どもをコントロールすることは、親の仕事の一部だと思っていますし、責任だと思っています。

 

そういった親は、もし、子どもに親自身がよいと思っていることをやらせなかったら、甘い親になってしまうと信じています。

 

そして、彼らは最初のコントロールのやり方として、賞罰を使うことがあります。

 

よくある罰としては、外出禁止、権利はく奪、お小遣いなし、身体的、感情的いじめ、愛や承認を与えない、といったことがあります。

 

コントロールしようとすることは、親に、自分がちゃんと親の仕事をしているんだという感覚を与えます。

 

しかしながら、コントロール型の親は、その長期的な結果を考えていません。

 

こういう子育てをすると、子どもたちはこんなことを考えるようになるかもしれません。

 

1・力こそ正義だと考えること

2・”あなた(親)に愛されるためには、自分自身をあきらめる必要がある。”と信じること

3・特別な褒美がない限りは、自分に関係ないことは避けること

4・よりたくさんの報酬を得るために操作すること

5・反抗すること、あるいは、従うこと

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA