感情語を育もう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第9回 ポジティブ・ディシプリン

第1章 ポジティブ・ディシプリンとは?

感情語を育もう(コミュニケーションスキルを改善しよう、の続き)

本文より:もしあなたが、子どもに感情について学んでほしかったり、感情に関する知性を育んでもらいたいのであれば、その感情についての説明をしてどこかにやってしまおうとしたり、直そうとしてしまったりするのではなく、子どもの感情をそのまま受け止めましょう。

あなたの子どもは、自分が感情を持つこと、また、それを表すことはOKなんだということを学ぶでしょう。

コメント:このあたりは結構日本ではされていないかも。感情的になることはよくないことだという雰囲気がある。でも実は感情的になっていはいけないのではなくて、その場を壊してしてしまうことが好まれないだけなはずなのに、感情を持つことはよくないことだ、という理解になっている人が多いのかもしれない。

 

もし、あなたの子どもが、感情を述べる代わりに、行動に移したら、つまり、子どもが自分が何について怒っているのかという代わりに、癇癪を起しているようであれば、それに名前を付けることは、子どもがその感情がいったいなんなのか?ということを理解する手助けとなるでしょう。

コメント:いくつか思い出すシーンがあったけど、やってなかったかな。

 

本文より:感情語を使うことは、ちょっとしたトリックのようなところがあります。

感情は、たいてい一語で表すことができます。

幸せ、痛み、快適、恐れ、空腹、眠気、怒り、悲しみ、無力感、絶望、いらいら、当惑、恥ずかしい、うれしいなど。

こんな感じです。

あなたの子どもがパズルをやっていて、なかなかうまくピースがはめられない。

その子どもは、部屋中にピースを投げて、泣き始めた。

あなた:パズルが難しくて、気が動転しているようね。簡単にピースがはまらないのが、好きではないということ?

あなたの子どもは、気が動転した行動をとっているのでしょうが、子どもは自分が気が動転すると呼ばれる感情を知りませんし、その感情に名前があるということも知りませし、そういうものを持っていてもOKだということもしりません。

あなたが感情を名付けることで、子どもは感情語を育みます。

あなたは次のステップにいくことができます。

子どもに、手助けは必要かどうかを聞くこともできますし、しっかりピースがはまるまで、何度もやりたいかどうかを聞くこともできます。あるいは、まだ気が動転している子どもに向かって、もうちょっと気分がよくなったら、やってみたいんじゃない?と聞くこともできます。

 

同じアプローチを使って、感情を共有することもできます。

あなたの子どもが犬を叩いてしまったとき、こんな風に言えます。

あなた:私は、あなたが犬を傷つけてしまうことが心配だし、犬があなたをかみつくんじゃないかということも心配なの。その犬にもっと優しく接してほしいな。

もしそれでもあなたの感情が改善しないようであれば、いつでも行動に戻ることができます。

子どもと犬を離れさせ、彼らの遊び方は不快だということを知らせ、後でもう一度遊ぶことができるということを知らせます。

コメント:ある程度毅然と行動はするものの、その復帰条件をちゃんと提示することはとても大事なことだと思う。それがないと、ただの罰になってしまうし、もう一度チャレンジして克服するチャンスを奪ってしまう。

 

次回のポジティブ・ディシプリンは・・・・口を閉じて聴こう。

Positive Discipline A-Z: 1001 Solutions to Everyday Parenting Problems (Positive Discipline Library)

一尾塾 アクティブ・ラーニングコース(小1~小6対象)保護者向け体験&説明会ウィーク!

◆日程:2月18日(土)~2月25日(土)の一週間、毎日2回、保護者向けの体験&説明会を行います。

午前の部:10:00~11:30  午後の部:13:00~14:30(午前の部、午後の部、内容は同じです。)

◆定員:各日程4名

◆申込状況

2月18日(土) 10:00~11:30 定員 / 13:00~14:30 定員

2月19日(日) 10:00~11:30 あと3名 / 13:00~14:30 あと4名

2月20日(月) 10:00~11:30 あと4名 / 13:00~14:30 あと4名

2月21日(火) 10:00~11:30 あと1名 / 13:00~14:30 あと4名

2月22日(水) 10:00~11:30 定員  /  13:00~14:30 あと3名

2月23日(木) 10:00~11:30 あと4名 / 13:00~14:30 定員

2月24日(金) 10:00~11:30 あと4名 / 13:00~14:30 あと4名
◆場所:瀬戸市苗場町(お申込みいただいた方に詳細をご案内します。)
◆申込方法
・電話:090-9898-2285(一尾 月~土 9:00~22:00)
・メール:ichiojuku@lake.ocn.ne.jpにメールで、件名に一尾塾AL説明会希望としていただき、お名前、連絡先電話番号、ご希望の日にちと時間帯をご記入して送信してください。

一尾塾 2017年度 募集状況

http://www.ichiojuku.com/?p=4850

今後の講座日程

2017年3月1日(水) 13:00~14:30 母親講座 小1~小6の心の移り変わり

2017年3月9日(木) 10:00~11:30 アドラー心理学 エルム勇気づけ勉強会

【残席3!】2017年3月5日(日)12日(日) 10:00~19:00 アクティブ・ブレイン・セミナー ベーシックコース

2017年3月15日(水) 10:00~11:30 勇気づけて躾ける 読書会

直接お電話、メールでのお申込みも受け付けています。

090-9898-2285(月~土 10:00~21:00)

ichiojuku@lake.ocn.ne.jp

ご不明な点などがございましたら、いつでもご連絡ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA