誤ったゴールを明確にする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

訳してます。

Positive Discipline for Teenagers, Revised 3rd Edition: Empowering Your Teens and Yourself Through Kind and Firm Parenting

誤ったゴールを明確にする

子どもの誤ったゴールを理解するために一番簡単な方法は、自分の感情に耳をあててみることです。

 

過度の注目

もしあなたが、いらいらしたり、悩んだり、罪悪感を感じたり、心配したり、特別扱いすることに疲れ切っていたりした場合は、おそらく子どもの誤った目標は、「過度の注目」です。

 

見当違いな権力

怒り、反抗心や敗北感を感じているときは、「見当違いな権力」です。

 

復讐

もしあなたが、傷ついたり、最低な気分になったり、不信感がある場合は、相手のゴールは「復讐」でしょう。

 

装われた無能力

もし、絶望し、希望を失い、諦めた場合は、誤ったゴールは、「無能力を装うこと」でしょう。(あなたの子どもは彼・彼女にはスキルは未熟、あるいはまったく存在しないかのようにするでしょう。)

 

興奮探し

もし、あなたがパニックになったり、恐れたり、恐怖を感じる場合は、おそらく子どもは「興奮探し」でしょう。

 

次の2つの事例は「誤ったゴールチャート」を用いて子どもの目標を発見し、二人の思春期の子どものケアをし、そして、勇気づけをし、子どもたちの信念や行動を変えていったものです。

 

 

せとママ子育てプロジェクトクラウドファンディング

https://faavo.jp/member/projectManage/project/2654

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA