ご都合主義の子育て

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

訳しています。

Positive Discipline for Teenagers, Revised 3rd Edition: Empowering Your Teens and Yourself Through Kind and Firm Parenting

 

ご都合主義の子育て

ご都合主義の子育てとは、あなたが長期的な子育ての目標を持つときや自尊感情を持つときに邪魔をしてくる、あなたがつくりだしている悪い結果に結びつく思考や行動のことです。

こういった行動は、あなたを子どものサポーターでいることを妨げるだけではなく、あなた自身の自尊心や尊厳すら奪ってしまいます。

この行動の特徴的なことは、あなたのその場しのぎの行動を正当化するための手助けをしてくれることです。(例えばコントロールや甘やかし)

 

ご都合主義の子育ては、あなたがあなた自身に目を向けることを妨げます。

ご都合主義の子育てとは

1・子どもが自分で失敗をやり直すことによって成長することを許容するよりも、間違いをすべて直そうとすることです。

こういった関わり方は、子どもに手を掛け過ぎることで自分を忙しくさせ、自分のことをないがしろにしてしまいます。

あなた自身がちゃんんと自分のことを考えるということは、あなた自身が失敗に向き合い学び、そして、そういった失敗から学ぶことができるということを教えることです。

 

2・ほかの人がどう思かということを心配することです。

そして、それは、あなたの子どもやあなたにとって一番いいことを見つけ出すことを妨げ、世間に対する体裁をいかによくするのかということになってしまいます。あなたが、本当はあなたのことはそれほど考えていない人たちのことを考え、彼らを喜ばせようとしているとき、あなたはあなた自身の味方になることはできません。

 

3・子どもをすべての痛みや苦しみから守ろうとすることです。

これは、彼らが有能感をもった大人になるために学び育つことを妨げます。

あなた自身に向き合うとはすなわち、あなた自身の痛みに向き合い、許し、あなたが成長することを受け入れることです。

 

4・子どもが怒っていることを怖れることです。

こういう態度でいるということは、諦めたり、降参したり、あるいは、子どもの怒りを避けるためにはどんなことでもする、ということになっていきます。こういった態度は、子どもに、怒りの感情を持つことは悪いことで、避けなければならないことである、ということや、怒りは他人を操作するために使うのだということを教えることになります。

そうする代わりに、怒りの感情を持つことはだれにだってあること、そして、それを適切に取り扱うことができるということを見せましょう。そして、こうった態度は時には子どもを怒らせることもあるでしょう。特に、あなたがあなた自身が正しいと思っていて、それに反した行動をする子どもに対してNOというときには。

 

5・自己犠牲を払わなければ、自分がわがままだと信じていること。

そしてこれは、あなた自身が自分の人生を楽しむことを妨げます。

あなたの味方であるということは、あなた自身のためにすることと、あなたの子どもと一緒に、あるいは子どものためにすることの、あなただけのバランスを見つけることです。

 

 

あなたがあなた自身の応援団、サポーターになるということは、あなた自身の個性を理解するという意味です。

それは、ちょうどあなたが子どもの個性を理解することと同じように。

そして、あなたが自分自身の成長に対して尊厳と尊敬の念をもって向きあうということです。

ちょうどあなたの子どもの成長に対して、尊厳と尊敬の念をもってサポートするように。

 

あなたの子どもはあなたに、あなた自身をケアするための多くの機会を与えてくれます。

 

もしあなたが、自分の古い習慣に囚われてしまっていると感じたら、この章を読み返すことをお勧めします。

そして、章の最後にあるアクティビティに取り組んで、自分が解決していない思春期の頃の課題をはっきりさせてみましょう。

そして、その課題を解決しましょう。

あなたがそこで経験することは、あなたの人生、そして、あなたの子どもの人生をより豊かなものにしてくれるでしょう。

 

【今日の一冊】

尊敬する喜多川泰さんの最新作です。毎回読むたびに多くの気づきをもらえます。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA