思春期の子どもと関わるときのちょっとしたコツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Positive Discipline for Teenagers, Revised 3rd Edition: Empowering Your Teens and Yourself Through Kind and Firm Parenting

こつこつ訳しています。

 

コミュニケーションのコツ

 

効果的なコミュニケーションには様々な面があります。

 

次にお伝えする追加的なガイドラインは、あなたが思春期の子どもと関わるときに尊敬の念を保ちつつ関わるためのサポートになるでしょう。

 

これらのコツはとても大切なので、簡単な例のあと、それぞれの説明を加えます。

 

1・責任の擦り付け合いをやめよう。

「だれがこれを始めたのかに興味はありません。私は、どうしたら、身体的暴力をなく、この問題を解決できるのかを知りたいのです。」

 

2・シンプルに。

「車にガソリンを補給するということに対しての私たちの合意について、あなたの理解はどのようになっていましたか。」

 

3・1語で。

「お皿!」

 

4・10語かそれ以下で伝える。

「部屋から汚れた皿を持って着てください。」

 

5・言葉をさける。

子どもが約束したように部屋をするまで、ほうきと床を笑顔で指さす。

 

6・アドバイスをするまえに許可をえる。

「あなたの助けになるだろうことを聞いてもらっていいかな。」

 

7・子どもの話の最後に「!」がつくようにする。

 

8・そばにいる。

子どもが新聞や雑誌を読んでいるときに、同じ部屋にただ座っている。これをすると、しなかったときに比べると、様々なコミュニケーションをスタートさせることに驚くでしょう。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA