自由と夢と挑戦と。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の午前中はクラス会議勉強仲間と勉強会。

「自由」について学び合った。

16142690_1086196401491658_5263764417279522211_n

先日喜多川さんの講演で、今までだったら「お天道様が見ているよ」でさまざな行動についての意味づけができたりしたけれど、そういういことを大人が伝えなくなった。

そして、それをしなくなったのは、きっと私たち世代。

とおっしゃっていた。

そうだよな~と聞きながら、では、どうしたらいいのか?

今日、この講座をしながら思った。

もちろん自分が心から信じていることを伝えていければいいのだろうけれど、もう一度当たり前と思ってあまり考えていないようなことを考える、ということが、伝えることをやめた一つの責任の取り方なのかな、と。

昔は、親がそういったから、先生がそういったから、で済まされていたものを、ある種の自由というものと引き換えに済ますことをやめた。

そして、やめたかわりに、特に考えていないんじゃないか?と思った。

だから、今回こうやって哲学的なことを考えるということは、とても意義のあることだと感じた。

16194974_1086196404824991_4226682437602748868_n

次回は、責任、についての講座。

そして、「自由と責任」ということについての講座になる。

今日やっているなかで、いくつかアイディアがでてきた。またいろいろ考える。

 

そこからの、アクティブ・ブレインの創始者であり教育者である小田全宏先生とエベレスト無酸素登頂にチャレンジしている栗城史多さんのW講演会。

16174500_10154636800288961_5856723025378206719_n

これまた刺激的だった。

 

小田哲学は、アクティブ・ブレインの講師として活動している以上、実践しているわけだから、改めてその思いを強く持てた時間だった。

そのなかから一つ。

「どんな困難だとしても、向き合うこと。向き合えば、すべてが笑い話になる。

しかし、逃げてしまうと、後悔が残る。」

今自分のなかでしているチャレンジがある。後悔ないように向き合おう。

そして、いつもの小田節!老若男女問わず、楽しく受けられるお話。すばらしいよな~と思いながら。

http://odazenko.jp/

栗城史多さん。

名前は知っていたし、ちょっと動画を観たこともあった。

はじめてお話を聞いた。

いくつも印象に残る言葉があった。そのままの言葉ではないけれど、こんな感じ。

 

「山登りのなかで、一番好きな場面は、登頂まであとちょっと、というところ。頂点でも下るときでもない。」

なんだか分かる気がする・・・登り切ったら、おわっちゃったーって思ってしまうかも。

 

「山を登るときは、目標の次の目標を持って挑む。」

山の事故の7割は下山に起きるという。それは登るときとメンタルが違うから。だからこそ、その次のことを考えて下山する。

 

「登頂をあきらめるとき、それは、ワクワクしなくなったとき。」

体の限界もあるだろうけど、きっとそれでは遅いのだろうな。心が折れる前にやめないと命に関わる。

だからこそこれが目印なのかな。

 

「一番つらかった登山は、一番最初のマッキンリー。それは、全ての人が自分に向けて否定の言葉を投げかけてきたから。」

今だからきっと笑いながらお話できるのだろうけれど、当時は本当にきつかったんだろうと思う。

そう思と、応援してくれる人がいる、仲間がいることのありがたみを感じる。

 

「自分を支えてくれるものはたくさんあるけれど、今ある自分の環境を創り上げてきてくれた先人たちのことを思うと、恩返しというような気持ちが湧いてきて、それが原動力となる。」

自分のアイデンティティというか。それがみんなつながっている、と思えることで、勇気が湧く。これは先日の喜多川先生のお話にでもでていた。

 

「酸素があれば、何でもできる!」

確かに!!!(笑)

 

そして、栗城さんの目標は「エベレスト無酸素登頂」ではない。

本当の目的は「否定の壁をなくすこと」

これは植松努さんとも似ている。

だれもが無理だと思うこと、成し遂げていく。

その姿を見てもらうことで、多くの人が持っている「否定の壁」をなくしたいということだった。

そのほかにも鉄板ネタでしょ!というものが多々あり、まさに、笑いあり、涙あり、感動ありのお話でした。

そして、9本の指が第2関節までしかないなかで、今年、エベレストに再挑戦する。

http://www.kurikiyama.jp/

16265488_10154637835628961_5568807481740347879_n

二人が共通していたこともいくつかあったけれど、さらに喜多川さんの講演会でも言われていたこと。

「夢に小さい、大きいはない。心がうれしい!と感じることが夢なのだ。」

夢は自分のこころが決める、ということ。

 

充実の一日だった!

16195244_10154637835618961_7490871642287011214_n

写真は、栗城史多さん、小田全宏先生、今回の主催者であり、アクティブ・ブレインのマスター講師!澤村先生!

もちろん栗城さんもアクティブ・ブレインを受講しています!

明日も会いたい人に会う!

楽しみ!

一尾塾 アクティブ・ラーニングコース(小1~小6対象)保護者向け体験&説明会ウィーク!

◆日程:2月18日(土)~2月24日(金)の一週間、毎日2回、保護者向けの体験&説明会を行います。

午前の部:10:00~11:30  午後の部:13:00~14:30(午前の部、午後の部、内容は同じです。)

◆定員:各日程4名
◆場所:瀬戸市苗場町(お申込みいただいた方に詳細をご案内します。)
◆申込方法
・電話:090-9898-2285(一尾 月~土 9:00~22:00)
・メール:ichiojuku@lake.ocn.ne.jpにメールで、件名に一尾塾AL説明会希望としていただき、お名前、連絡先電話番号、ご希望の日にちと時間帯をご記入して送信してください。

一尾塾 2017年度 募集状況

http://www.ichiojuku.com/?p=4326

今後の講座日程

2017年1月31日(火) 10:00~11:30 「勇気づけて躾ける」読書会

2017年2月11日(土) 10:00~11:30 新中1向け 中学生の勉強のやり方講座

2017年2月25日(土)26日(日)アクティブ・ブレイン・セミナー・ベーシックコース

2017年3月5日(日)12日(日) 10:00~19:00 アクティブ・ブレイン・セミナー ベーシックコース

直接お電話、メールでのお申込みも受け付けています。

090-9898-2285(月~土 10:00~21:00)

ichiojuku@lake.ocn.ne.jp

ご不明な点などがございましたら、いつでもご連絡ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA