書斎の鍵 喜多川泰

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書斎の鍵 喜多川泰

久しぶりに喜多川さんの本を読みました。

毎回感じるのは、

「そのときのすべてをぶつけている。」

ということ。

もちろん本を書く方からすれば、当たり前なんだろうけれど、

何度も直接お会いして、お話をしているので、さらにその感覚が強いのだと思います。

今回は、

「未来へ向けた本(紙媒体)のパワーに対する信頼」

という感じでしょうか。

私はまだ紙媒体の本しか読まないので、ネット書籍などの力はいまいちわかりませんが、そんな感じかと。

読んだ本の背表紙を眺めることができる環境にいることの意義。

確かにな~と思うことは、いつもの喜多川さんの本の通り。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA