あなたはカメ?カメレオン?ライオン?ワシ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Positive Discipline for Teenagers, Revised 3rd Edition: Empowering Your Teens and Yourself Through Kind and Firm Parenting

訳してます

4つの性格タイプは理解を深めます。

 

異なったニーズや行動に関係する4つの性格タイプはあなた自身や思春期の子どもを理解する手助けするほかの方法です。

また、あなたを悩ませる子どもの行動(その逆も)は、それぞれの性格の特徴なだけであって、意図的にお互いをいらいらさせるためにしている行動ではないということが理解できる可能性があります。

 

私たちはこれを「トップカード」と呼びます。これに関しては、ほかの本、ジェーンネルセンのポジティブ・ディシプリン、リン・ロット、リキ・イントナー、バーバラ・メンデルホールの書いたDo it yourself therapyにてより多くを学ぶことができます。

 

まずは次の質問に答えてみましょう。

 

「あなたが最も扱うことを避けたいことはなんでしょうか」

・痛みとストレス

・拒絶やいざこざ

・無意味さや重要性のなさ

・批判や嘲笑

 

この中からぴったりくるグループを一つだけピックアップしてみてください。もし意味のない言葉であれば、あなたが心配する必要がないものだということになります。

 

それぞれのトップカードは動物で例えて表します。

カメ

もしあなたが痛みやストレスを一番避けたいのであれば、「カメ」ということにり、あなたの「トップカード」は、「快適さ・回避」と呼ばれます。

 

カメレオン

拒絶といざこざですか?もしそうであれば、あなたはカメレオンで、トップカードは「喜ばせ屋」と呼ばれます。

 

ライオン

無意味さと重要性のなさは、「ライオン」です。あなたのトップカードは、「優越」と呼ばれます。

 

わし

批判や嘲笑を選んだ場合は「わし」です。あなたのトップカードは「コントロール」と呼ばれます。

 

あなた自身や子どもについてもっと知りたい場合はー202~205ページを読んでください。

それからあなたがやっていることが他の動物と単純にうまくいかないだろうことを考えてみてください。

 

もしあなたの子どもがカメレオンでストレスを感じていて、あなたがライオンだったとして、彼女が求めているものが承認と感謝だった場合、あなたが上に立とうとして、譲らず、頑固に争ったときの困難さを考えてみてください。

 

あるいは、あなたがストレスを感じているカメで、子どもがストレスを感じているワシだった場合、もしカメが安心のために、事細かく指示をしたり、子どものやることをやめさせようとしたら、助けようとすればするほど、ワシは自分をまもるための壁を高くしようとするでしょう。

 

あなたはこのチャートにある様々なやり方のなかから、何がうまくいって、何がうまくいかないかという様々な組み合わせを見つけ出すことができるでしょう。

 

せとママ子育てプロジェクト!

間もなくクラウドファンディング終了!詳しくはこちら→https://faavo.jp/aichi/project/2654

内容紹介動画

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA