親が思う通りに育てるとこんなことが起こりえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Positive Discipline for Teenagers, Revised 3rd Edition: Empowering Your Teens and Yourself Through Kind and Firm Parenting

こつこつ訳しています。14章のうち、現在第3章です。

よくある思春期の子どもとの関わり方

最初の子育てスタイルは、“コントロール型”と呼ばれます。

レンガを考えてみてください。

それは、堅く、重く、スペースを仕切り、端は粗く、とがっていたりします。

レンガは、コントール型をよく表しています。

多くの親は、思春期の子どもをコントロールすることは、親の仕事の一部だと思っていますし、責任だと思っています。

そういった親は、もし、子どもに親自身がよいと思っていることをやらせなかったら、甘い親になってしまうと信じています。

そして、彼らは最初のコントロールのやり方として、賞罰を使うことがあります。

よくある罰としては、外出禁止、権利はく奪、お小遣いなし、身体的、感情的いじめ、愛や承認を与えない、といったことがあります。

コントロールしようとすることは、親に、自分がちゃんと親の仕事をしているんだという感覚を与えます。

しかしながら、コントロール型の親は、その長期的な結果を考えていません。

こういう子育てをすると、子どもたちはこんなことを考えるようになるかもしれません。

1・力こそ正義だと考えること

2・”あなた(親)に愛されるためには、自分自身をあきらめる必要がある。”と信じること

3・特別な褒美がない限りは、自分に関係ないことは避けること

4・よりたくさんの報酬を得るために操作すること

5・反抗すること、あるいは、従うこと

 

目の前のことだけに対応する短期的視野の子育ては、疲れて果ててしまうことがよく起こります。

このスタイルの子育ては、親の責任とは、悪いことを子どもがやったら、それを捕まえて罰と説教を与えることだと思っています。

また、親の責任とは、子どもがよいことをやったとしても、子どもを捕まえて、褒美を与えることだと思っています。

子どもたちは、責任とはいったいどういうものだということを学ぶでしょうか。

 

おそらく子どもたちは、捕まらないこと、より多くのご褒美をもらうように細工をすること、ご褒美が自分にとって意味のないことであれば、言われたことを断ることが自分の責任だということを学ぶでしょう。

 
もし子どもたちからすべての力を奪ってしまえば、子どもたちは責任とはなにかということを学ぶ機会を決して手にすることはないでしょう。

あるいは、自分自身が間違いを犯し、そこから学ぶという機会を手にすることもないでしょう。

さらにいうならば、そういった子どもたちは、自分がどこまでだったら大丈夫なのかという限度を見つけたり、設定したりする機会もなくなるでしょう。

もし親がその役割やってしまい、子どもからその機会を取り上げてしまったら、子どもたちはいったいどのようにして責任について学ぶのでしょうか。

子どもたちを無責任な大人に育てたいと思うならば、一番良い方法は、親がすべてをコントロールすることだということです。

例:
私たちのワークショップに参加している親のひとりが、コントロールをあきらめることについてチャレンジしたことを話してくれました。

彼は説明しました。

彼の15歳の娘は、習慣的に親の決めた門限よりも遅く帰って来ていたそうです。

ついに1時間も遅れて帰ってきました。

彼は、一週間、外出禁止にしました。

彼女はいったい何を学んだと思いますか?と彼が聞かれたとき、彼はいいました。

“彼女は自分のやったことから逃げることはできないということを学んだと思います。”

これについてどう思ったか聞かれたとき、彼は言いました。

“スカッとしました。私のやるべきことは、彼女の親友になることではなく、彼女の親であることなのです。”

さらに話を聞いていくと、父親は彼自身が子どものころ親から同じように外出禁止をされており、本当にそれが嫌だったこということがわかったのですが、たとえそれでも子どもが親の言うことを聞かなかったときは、ルールを作り、制限をし、罰を与えることが父親の仕事だと今も信じていました。
彼は、外出禁止令が解決策にはならないということは認めていましたが、彼は自分のしたことにある種の達成感を感じていました。

しかし、彼の娘は、門限を破り続けました。そして、この父親はそのたびに外出禁止令を出していました。

彼は言いました。

“このことについて考えてみました。私自身も子どものころ、彼女と同じようなことをしていました。

そして、私は親と住んでいる限り反抗し続けました。

結局私は家をでるまで門限は守りませんでした。また、夜ゆっくり眠りたいというときは、早く家に帰りたいな~とも思って過ごしていました。

そしてその結果、今でも自分の父親とはできる限り関わりたくないと思っています。

私はこんな関係を娘と結びたくありません。ここでようやく他のやり方を学ぼうと思いました。”

多くの親はこういった話を聞くと耳が痛いだろうと思います。

しかし、コントロールしたり、賞罰をつかう子育ては、子どもたちに対して、非常に尊敬の念に欠きますし、長期的な目標から見ても、効果が全くありません。

子どもが12,3歳以下で、その権利はく奪が、その誤った行動に関係があり、尊敬の念に基づいており、合理的かつ、事前に交わされた合意であれば、時には親にも子にも適切なときはあります。

しかしながら、子どもたちが思春期に差し掛かっていたり、子どもたちが自分自身のことを大人だと思うような時期に達したのであれば、子どもたちは、その外出禁止や権利はく奪に尊敬の念や合理性を見出すことはないでしょう。

 

コントロール型の子育てのもう一つ危険なところは、ずっと言いなりになってしまうことです。

 

親のコントロールから決して逃れることができない子どもたちは、彼らを取り巻く世界はすべて親が望むものだということを決めてしまうかもしれません。

 

彼らはしばしば、彼らをコントロールしてくれる人を探す認められないと生きていけないと思ってしまう人になってしまうことがあります。

 

これは、結婚、子育て、友人関係、そして仕事において、壊滅的な結果を招くことがあります。

 

 

コントロールされた環境で育った子どもたちは、なかなか大人になれないことがあります。

 

そして、結局セラピーに通うことになり、育ち方-彼らの親が提供できなかったサポート-を学ぶことができる場所を探します。

 

彼らは自分が選択することや決定するために必要なスキルを学びませんでした。

 

こういったいつまでも子どもだった大人に、親と他の人々の考えは違うのだということや、彼らが人生の中で認められるためにすべきことについての誤った感覚を変えるには、非常に時間がかかります。

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA