「教える」のではなく、「発見」をサポート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「洞察力」があらゆる問題を解決する

パート3 目には見えない問題を見抜く「心の扉」を開け放つ~問題解決を身につけることができるのか?~

チャプター15 「見えない問題を見抜く力」は人を救う

前チャプターは自分自身を救う。だったけれど、今回は自分以外。

ここでの前提は、自分が先に答えらしきものに先に気づいた。

相手はそれがまだ気づいていない。

そういう状態のとき。

そのときにただ教えるのではなく、促す。

ある意味コーチングに近いのかも。

その問いや関わり方として、

・出来事のつながり、好奇心、偶然の一致

・出来事の矛盾

について考えさせるような問いであったり、サポートであったり。

そして、「目に見えない課題」を自分で見抜けるようにする。

 

ただ、ここでは、個人の考えを捨て去らせる「やけっぱちな推測」は使っていない。

やはり、自分の考えをまるごと捨てるということになるので、なかなか足を踏み込みたくないからかな。

 

そして、そこで行った心やものの見方の変化を行動までもっていかせたいところ。

ただ、行動するかしないかは本人の課題なので、なかなか行動を変えようとしないこともある。

ただ、まずは変化のスタートとして、心の中の発見は大事。

【受付中!】

【GW アクティブ・ブレイン・セミナー(記憶法) プライベートレッスン】

お好きな日程でOK! 1人から受講OK!

セミナー内容はここ!

GW 予約可能日(ここから2日間選んでください。各日程 10時~17時)

4月29日(金)
4月30日(土)
5月1日(日)予約済み
5月2日(月)
5月3日(火)
5月4日(水)
5月5日(木)
5月6日(金)
5月7日(土)
5月8日(日)

問い合わせはこちら

【限定3名 憶えることから始めよう! 1日でアドラー心理学入門講座】

5月28日(土)10時~16時30分 あと3名

9月10日(土)10時~16時 あと2名

詳しくはここ!

問い合わせはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする