「ナンニモナイ」ことはとても贅沢かもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あまりにもたくさんのものが溢れていて、相手のことを丁寧に見る機会が減っている気がする。

すべてのものを捨て去ることはほぼ不可能な現状。

だからこそ「ある」ことに感謝の念を持つつとともに、それに目がくらみ、大切なことを見失わないようにしたい。

そんなことを思わせてくれた絵本。

おくりものはナンニモナイ パトリック・マクドネル 谷川俊太郎(訳)

LINE@ 講座情報やイベント情報を配信しています!
フォローは↓をクリック!
友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする