嫌な思いをさせて、どうにかしようとする代わりに、勇気づけをしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

嫌な思いをさせて、どうにかしようとする代わりに、勇気づけをしよう!

 

コニーは、彼の息子をサポートすることと、邪魔することの違いを学びました。

彼女はブラッドに嫌な思いをさせることが彼を勇気付けたり、やる気にさせることはないことを学びました。

 

女子高校生が、10代の子どもとつながったり、協力することを促すために、嫌な思いをさせる代わりに、勇気付けるために大人にしてほしいことを提案にしてくれました。

リストを見た後に、子どもとシェアしてみてください。

リストをみて、彼、彼女が付け加えたいこと、取り除きたいことがあるかどうか尋ねてみましょう。

 

“たまに親と話すのが本当にいやになるんです。だって、なんでもすぐにおおごとにするから。

いくつかのことは本当にに些細なことなのに。だからもう二度と話したくなくなるんですよね。”

 

“フレンドリーなほうがいいですよね。いろいろなことを教えてくれるのはいいですけど、年上のお兄さんやお姉さんみたいに、友達みたいに教えてほしいですね。”
“何かをしようとするとき、したときに、すぐに責めたり、批判するのはやめてほしい。代わりになにがしたかったのかを聞いてほしいですね。”

 

“もし何か間違えたとしても、怒鳴らないでほしいですね。

怒鳴らられると、反抗することがまず私たちのすることですからね。

怒鳴ったり、怖がらせたりすることはうまくいきません。

怒鳴っているのを見ると、バカにみたいに見えるし、いらいらします。

代わりに、普通に話しかけてみてほしいし、正直であってほしいですね。”

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする