エンターテイメント的爽快感すらあるアドラー心理学の本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんだこの爽快感・・・読む進めるたびにばっさばっさ切っていく感じ。しかもそれがすべて疑問に思っていることに対しての的確な答えとなって帰ってくる。

この本が出版されたのが25年ほど前。ちょうどそのときにアドラー心理学は教育関係を中心に日本に広まったという。なぜそこで止まってしまったかは諸々な事情があるだろうが、本の内容はまったく色あせておらず、今読んでも胸がすっとする内容。

嫌われる勇気は、架空の人物の設定で、青年と哲学者の対話であるが、これは生の著者とインタビュアーの対話。非常にライブ感あふれている。そこに「嫌われる勇気」とは違ったテンポがあり、また違った楽しさがある。

エンターテイメント感すら感じる。

今年の大ヒット「嫌われる勇気」も対話式だったけれど、この本もトーキングセミナーと書いてあるだけあって対話式。対話を好んだというアドラーの本領発揮というところか。

もやもやをばしっと蹴散らしてもらいたいならば、こちらの本もおすすめ!非常に読みやすい。

 

LINE@ 講座情報やイベント情報を配信しています!
フォローは↓をクリック!
友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする