株式会社タイムカプセル社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

喜多川泰さんの新刊。

デビュー10周年

デビュー当時から読み続けている喜多川さんの本。

年齢と人の成長は比例しないと分かってはいたけれど、「賢者の書」と「君とあえたから」を読み、

喜多川さんが自分より5歳しか年上でないということに衝撃?ショック?を受けたことを覚えている。

そして、あっという間に喜多川さんが本を書いた年齢になり、いったい自分はどうなんだろうと思っていて、

それからまた月日が経って今。

 

7つの習慣Jファシリテーターおよび個別指導教室長をしていた東京都中野区時代。

札幌で過ごした10カ月

瀬戸に戻ってきて、2009年に独立。

そして現在。

 

自分のことをやりながら、勝手にずっと背中を追いかけていた感覚がある。

長野で初めてお会いして、聡明舎、秋葉原、名古屋、刈谷、そして瀬戸では2回。

しかもそのうちは1回は瀬戸市の效範小学校での講演!

そして来週お会いする。

本がスタートではあったけれど、喜多川さんと出会って10年。

どんな気持ちになり、どんな話になるのだろう。

私にとっては、喜多川さんそのものがタイムカプセルのような気がしている。

 

LINE@ 講座情報やイベント情報を配信しています!
フォローは↓をクリック!
友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA