一尾塾の本棚 一覧

4冊目 リフレクション大全

4冊目 リフレクション大全以前、こちらのワークブックを使ってしばらくリフレクションをしたことがあった。こうやって意識的、意図的に行うことで、...

記事を読む

3冊目 反共感論

3冊目 反共感論「共感」というものについて、批判的にいろいろと考えてある本。「共感」を過大評価しているのではないか?ということをいろいろと。...

記事を読む

2冊目 中学生を持つ親へ

2冊目 中学生を持つ親へ。初版は昭和39年。私の母が10才くらいのころだろうか。読み終えてふと頭に浮かんだのは、最近購入したRADWIMPS...

記事を読む

1冊目 教育福祉論

2019年の目標 100冊読書。1/100 教育福祉論いかに関係性を育むか。それがこれからの教育と福祉を結ぶ懸け橋だと感じた。途中、インフォ...

記事を読む

行動は個人の認知によって動機づけられる。パート2

訳してます。行動は個人の認知によって動機づけられる。パート2ポジティブ・ディシプリンの講座で学んだ後、彼の両親は、いくつか提案されたやり方を...

記事を読む

学校教育と経営戦略

100年に渡る経営戦略史。会社が何を大切にしているかを知ることは、教育をする上で知っておくべきことだと思います。それぞれの理論の主張をする背...

記事を読む

泥かぶら

いつもの読み聞かせる絵本よりも長めのこの絵本。今の子どもたちは、ここまで自分を犠牲にする泥かぶらに驚きを覚える様子。「美しさ」とは何か、とい...

記事を読む

受験脳の作り方

脳の仕組みに基づいた学習方法を伝えてくれる本。ちょっとしたコラムもとてもおもしろい。いうなれば、「魚ではなく、魚の釣り方を教えてくれる本」

記事を読む

アドラー心理学 子育ての「勇気づけ」とは?

この本自体は1964年に出版されたものですが、未だにその内容が現代でも理解できるというのはいいのか、悪いのか。残念ながら、それほどまでに子育...

記事を読む

自分に向けて読み聞かせています。

「食べ物を粗末にしない」そして、「命を粗末にしない」そんなことが伝わればいいなぁと思って選んだ本でしたが、一番この本を感じないといけないのは...

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3 4 5 9