エンターテイメント的爽快感すらあるアドラー心理学の本

なんだこの爽快感・・・読む進めるたびにばっさばっさ切っていく感じ。しかもそれがすべて疑問に思っていることに対しての的確な答えとなって帰ってく...

記事を読む

著者である先生との出会いが今の取り組みにつながっている。

7つの習慣を小学校で実践した先生の記録。本の内容も非常に影響を受けたが、なによりも著者の渡邉先生との出会いが今の私に大きな影響を与えた。自主...

記事を読む

「恥ずかしがりやなこと」も大切な個性!

この本は、絵本講座でも使って、非常に好評だった一冊。絵も素敵だけれど、ジャクソンももっと素敵。塾のような仕事をしていると、たくさんの子どもに...

記事を読む

勇敢さとかっこ悪さと力強さと

どんなに格好悪くても、馬鹿にされても構わない。自分にはチカラがあることを信じ、動き続けるのだ。そんなメッセージをくれた絵本。ときには勇敢に、...

記事を読む

ドラッカーによる非営利組織(NPO)の経営 NPO関係者のみならず、ソーシャルビジネス関係者や学校の先生も読むべき本

現在私塾のほかに、学習会グループを4つほど運営している。まさに非営利なのだが、この本を読んで、「非営利だからこそ人として、団体としての資質、...

記事を読む

「子どものやる気を引き出す」は上から目線

子どものやる気を引き出す教師の技量、という私の好きな本があるが、果たして、「引き出す」ということが適切な言葉なのか。教師が「引き出す」という...

記事を読む

これから起業して、会社の名前を決めるときに役立つかも。

自分の塾を立ち上げるときに読んだ本。かれこれ10年前くらい。この本を読むきっかけはなんだったかは忘れてしまった。おそらくamazonからのお...

記事を読む

いいこだから わたしはわるいこ

自分の子どもだけではなく、多くの子どもと関わっていると様々な、「悪」に遭遇したり、見聞きしたりする。「必要悪」という言葉すらあったりもする。...

記事を読む

嫌われる勇気、ではなく、あきらめる勇気、かな。

群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い・・・でもどこかの女医の物語ではなく(笑)黒い影をまとったちょっとひねくれたおおかみが、言葉少なく彷徨う。...

記事を読む

まど・みちおさんとアドラー心理学

アドラー心理学で最も大切にされている概念。共同体感覚。この本を読んだときに、こういうことかな、と感じた。目に見えない「くうき」意識されなけれ...

記事を読む

スポンサーリンク
1 63 64 65 66 67