ドラッカーによる非営利組織(NPO)の経営 NPO関係者のみならず、ソーシャルビジネス関係者や学校の先生も読むべき本

現在私塾のほかに、学習会グループを4つほど運営している。まさに非営利なのだが、この本を読んで、「非営利だからこそ人として、団体としての資質、...

記事を読む

「子どものやる気を引き出す」は上から目線

子どものやる気を引き出す教師の技量、という私の好きな本があるが、果たして、「引き出す」ということが適切な言葉なのか。教師が「引き出す」という...

記事を読む

これから起業して、会社の名前を決めるときに役立つかも。

自分の塾を立ち上げるときに読んだ本。かれこれ10年前くらい。この本を読むきっかけはなんだったかは忘れてしまった。おそらくamazonからのお...

記事を読む

いいこだから わたしはわるいこ

自分の子どもだけではなく、多くの子どもと関わっていると様々な、「悪」に遭遇したり、見聞きしたりする。「必要悪」という言葉すらあったりもする。...

記事を読む

嫌われる勇気、ではなく、あきらめる勇気、かな。

群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い・・・でもどこかの女医の物語ではなく(笑)黒い影をまとったちょっとひねくれたおおかみが、言葉少なく彷徨う。...

記事を読む

まど・みちおさんとアドラー心理学

アドラー心理学で最も大切にされている概念。共同体感覚。この本を読んだときに、こういうことかな、と感じた。目に見えない「くうき」意識されなけれ...

記事を読む

ドクターX的生き方は幸せか。

今、そしてこれからの時代、どのように働いていくことが「幸せに働く」ということなのかを考えたときに、たくさんのヒントをくれた本。本の内容のベー...

記事を読む

「不幸の心理 幸福の哲学」 岸見一郎(著)

出版は2003年。私は「嫌われる勇気」も読みやすくて好きだが、個人的にはこちらのほうがかなり響いた。岸見先生の専門である哲学を軸に、アドラー...

記事を読む

イラストが素敵すぎる・・・・

繰り返しの台詞がイラストの印象をより深めてくれる絵本。イラストがとても素敵です。しかし、言葉の持つ大きな力も感じさせてくれた絵本です。

記事を読む

今日、あなたは空を見上げましたか。

「今日、あなたは空を見上げましたか。空は遠かったですか。近かったですか。」こんな問いかけからはじまる絵本。いせひでこさんのやさしい絵に魅かれ...

記事を読む

スポンサーリンク
1 60 61 62 63 64