最近読んだ本 一覧

「江戸の教育力」を読んで

江戸の教育力実際にどうなのかは、その当時を生きている人しかわからないが、一応一般的に江戸時代の文化などに関する評価が高いし、私自身寺子屋にあ...

記事を読む

「その善し悪し判断」はすべて〇〇!

「反応しない練習」マインドフルネスに関係する本を探していたら、amazonさんが薦めてくれた本。仏教思想に基づいている。かなりおもしろかった...

記事を読む

アクティブ・ラーニング導入慎重論を読んで

つい先日アクティブ・ラーニングについて書いた。そして、ようやく最後まで読み終えたこちらちょうど本の半分くらいのところで、野口芳宏先生と多賀一...

記事を読む

よい教育法、よい教師、よい教育行政

第四章 実践理論の展開序説教育の本質「各人の<自由>および社会における<自由の相互承認>の<教養=力能>を通した実質化」この原理に基づき、1...

記事を読む

よい教育とはこれだ!

どのような教育が「よい」教育か第三章 どのような教育が「よい」教育か。前回は、人間的欲望の本質とはなにか、よい社会とはなにか、というところま...

記事を読む

人間的欲望の本質は「自由」

どのような教育が「よい」教育か第三章 どのような教育が「よい」教育か1・私たちはどのような生を欲するか人間的欲求の本質は「自由」である。自由...

記事を読む

どのような教育が「よい」教育か 第二章

どのような教育が「よい」教育か(講談社選書メチエ)序章、第一章第二章 アポリア(問題の中の一見解明できそうにない行き詰まり)を解くこの章では...

記事を読む

どのような教育が「よい」教育か 第一章

序章はこちら第1章 教育をめぐる難問1・教育の論じられ方「教育」はだれもが語れる開かれたトピックだが、それだけに以下の2つの問題がある。1・...

記事を読む

どのような教育が「よい」教育か 序章

ようやく読み始めた。この本は2013年2月に購入したとアマゾンが教えてくれた。随分時間が経ってしまったな・・・でも少し前に自分のなかで哲学ブ...

記事を読む

発達とはそもそも協同的である

前回はどんなときに「成長したよな~」と思うか。では、どんな関わりをしたら、「成長したよな~」につながるのか。・やる気を高めてくれる・自分につ...

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3 4 5 6 7 12