一尾塾の本棚 一覧

「勇気」とはなにか。アドラー心理学の視点から。

発売は2002年。今のアドラー心理学ムーブメントの基礎をこつこつと築いていた岩井先生の著書。特に「勇気づけ」にフォーカスした本。現在アドラー...

記事を読む

おじいちゃんが大好きな人に・・・

いとうひろしさんの絵本を初めて読んだのは「ルラルさんのにわ」そして、この絵本。「ありがとう」という言葉も好きだが、「だいじょうぶ」という言葉...

記事を読む

長男、長女にNGな言葉かけとは?

アドラー心理学では、誕生順位(第一子(最初に生まれた子供)、第二子(2番目に生まれた子)のような)を影響因として捉えます。そういう視点から、...

記事を読む

ロックな人生

最初のページ、悪そうな表情をした子ども2人。「おじいちゃんもおばあちゃんも どうして そんなに つるつるで しわしわなの」そんな問いに対して...

記事を読む

「考える」ってこういうこと!

この本を読んだのは32,3歳のころだったと思う。そのことは管理職として仕事をしていて、ただ「動く」というだけでは不十分になってきた時期。「何...

記事を読む

中2の女の子が「今までで一番感動した!」と。

少し前のことだが、この本を読み聞かせしたときに、中2の女の子が、あとから自分の親に「今まで一番感動した!」といった絵本。象の最後のときを表現...

記事を読む

未来予測について

5年ほど前、「第三の波」を読んで、衝撃を受けた。ここまで予測はできていたのか、と。そして、この本は2006年出版。上下巻という分厚い本ではあ...

記事を読む

笑顔がね、きっと日々を豊かにしてくれる!

「あさになったのでまどをあけますよ」の荒井良二さんの絵本。読んでいるだけで、こちらもにっこり。大人に向けての読み聞かせにも使った。こんなイメ...

記事を読む

ちがう!やっぱりちがうんだよ!夫婦の脳は。

昨年、夫婦コミュニケーション講座のときに参考にした本。ひたすらうなずき、「なるほどね~」とつぶやきがでてきた。まだまだ脳については分かってい...

記事を読む

松岡修造カレンダー

本棚 番外編買わずにはいられなかった・・・

記事を読む

スポンサーリンク
1 3 4 5 6 7 8 9